訪問診療について

home care
about home care

訪問診療とは

通院困難な患者さんに対して、定期的に医師がご自宅や施設を訪問し、必要な医療ケアを提供します。外来同様、診察や各種検査、各種指導、処方などを行うことが可能です。

訪問する頻度は2週間に一度を基本としますが、患者さんの状態に応じて、毎週であったりそれ以上のこともあります。緊急時には24時間365日対応することも特徴です。診察の上、必要であれば入院や病院受診の手配も行います。

訪問看護ステーションや各種介護サービスと連携し、住み慣れた場所で安心して過ごせるよう支援いたします。

訪問診療

訪問診療の対象となる患者様

target
  • 一人で通院するのが難しい方
  • 自宅での緩和ケアを希望される方
  • 認知症や寝たきりの方
  • がんの終末期で疼痛コントロールを必要とする方
  • 病院の外来でがん治療中の方
  • 脳卒中等で身体機能低下した方
  • 心臓病や肺の病気で寝たきりの方
  • 人工呼吸器や胃ろうなどの医療的ケアが必要な方
  • 排尿や排せつの管理を必要とする方
concretely care

訪問診療の具体的な対応

point & feature

訪問診療センターで行う「訪問診療のポイント・特長」

POINT 01
24時間365日対応いたします 深夜・早朝・休日の緊急対応も行っています。
POINT 02
さまざまな専門分野に対応する医師が在籍しています 各領域の専門医が連携して、複合的な病気を持つ患者さんへの対応を検討し診療しています。
POINT 03
患者さんの希望に寄り添う医療体制の充実を目指しています 4か所の在宅療養支援病院・診療所の在宅診療部門を統合して訪問診療チームの体制を強化した診療を行っています。
POINT 04
広いエリアの居住地で診療しています 岐阜市近郊から本巣エリア(瑞穂市、本巣市、北方町)に加え、西濃エリア(大垣市、安八町、神戸町など)の居宅にも訪問診療を行っています。
POINT 05
急性期から慢性期までの切れ目のない診療に対応しています 高度な医療が必要な場合は、地域連携拠点病院と連携する診療体制で対応しています。また継続的な入院治療が必要な場合は、グループ内の病院を利用することも可能です。
disease

訪問診療で診療する疾患

  • がん
  • 感染症
  • 骨粗鬆症
  • 精神障害
  • 先天奇形
  • 糖尿病
  • 認知症
  • パーキンソン
    病など
  • 呼吸器系の疾患
  • 循環器系の疾患
  • 消化器系の疾患
  • 神経系の疾患
  • 各種予防接種
symptoms & treatment

訪問診療で緊急対応可能な症状および検査・処置

項目 具体的な内容
緊急対応可能な症状
  • 持病に関係する症状
  • 発熱
  • 血中酸素飽和度の低下
  • 頭痛、胸痛、腹痛などの痛みへの対応
  • 下痢や便秘、嘔吐などの排泄に関係する問題
  • 転倒などの外傷
検査項目
  • 心電図検査
  • 各種超音波検査
  • 呼吸機能検査
  • 各種血液検査
医療処置 栄養管理
  • 末梢静脈からの点滴注射
  • 皮下点滴
  • CVポート、PICCなどからの中心静脈栄養の管理
  • 胃瘻や経鼻経管栄養の管理
排泄管理
  • 膀胱留置カテーテルの交換・管理
  • 膀胱瘻の管理
  • 腎瘻の管理
  • 人工膀胱の管理
  • 人工肛門の管理
  • 導尿
呼吸管理
  • 喀痰吸引
  • 在宅酸素療法
  • 在宅人工呼吸器の管理
  • 気管カニューレの交換・管理
  • 気管切開部の処置
その他
  • 麻薬を用いた疼痛管理
  • 麻薬の持続皮下注射
  • 腹水穿刺
  • 褥瘡処置
  • インスリン注射・血糖測定
  • 骨粗しょう症治療薬の注射
  • 腎性貧血治療薬の注射
  • 肺炎球菌・インフルエンザ・コロナワクチンの予防接種
項目 具体的な内容
緊急対応可能な症状
  • 持病に関係する症状
  • 発熱
  • 血中酸素飽和度の低下
  • 頭痛、胸痛、腹痛などの痛みへの対応
  • 下痢や便秘、嘔吐などの排泄に関係する問題
  • 転倒などの外傷
検査項目
  • 心電図検査
  • 各種超音波検査
  • 呼吸機能検査
  • 各種血液検査
検査項目 栄養管理
  • 末梢静脈からの点滴注射
  • 皮下点滴
  • CVポート、PICCなどからの中心静脈栄養の管理
  • 胃瘻や経鼻経管栄養の管理
排泄管理
  • 膀胱留置カテーテルの交換・管理
  • 膀胱瘻の管理
  • 腎瘻の管理
  • 人工膀胱の管理
  • 人工肛門の管理
  • 導尿
呼吸管理
  • 喀痰吸引
  • 在宅酸素療法
  • 在宅人工呼吸器の管理
  • 気管カニューレの交換・管理
  • 気管切開部の処置
その他
  • 麻薬を用いた疼痛管理
  • 麻薬の持続皮下注射
  • 腹水穿刺
  • 褥瘡処置
  • インスリン注射・血糖測定
  • 骨粗しょう症治療薬の注射
  • 腎性貧血治療薬の注射
  • 肺炎球菌・インフルエンザ・コロナワクチンの予防接種
flow

訪問診療の利用手順

訪問診療センターにお問い合わせ
当センターでは、お電話にてお問い合わせを受け付けております。
お問い合わせは、患者さんご本人・そのご家族、訪問看護ステーション、ケアマネジャー、医療機関等、どちらからでも結構です。

これまでに通院されている病院等がございましたら、診療情報提供書(紹介状)をご用意ください。

下記ご希望施設の連絡先までご連絡ください。

地図

上記エリアはご参考程度のものです。実際の訪問につきましては、お問い合わせ時に、ご相談させていただきます。

施設名 訪問エリア 電話番号
山田病院
  • 岐阜市北西部
058-254-1411 平日 8:30~17:30
山田メディカルクリニック
  • 岐阜市
  • 岐南町
  • 各務原市
  • 羽島市
058-265-1411 平日 8:30~17:30
北方在宅クリニック
  • 北方町
  • 本巣市南部
  • 瑞穂市
  • 岐阜市
058-322-3901 平日 9:00~17:30
和光会在宅クリニック大垣
  • 大野町
  • 神戸町
  • 安八町
  • 大垣市
  • 池田町
  • 垂井町
0584-84-2600 平日 9:00~17:30

)・・・一部の地域を除く

お申し込み
お申し込み
訪問診療の概要についてご紹介いたします。併せて当センターの診療内容や方針、費用、緊急時の診療対応なども詳しくご説明いたします。ご納得・ご同意いただいたうえで申し込み・ご契約へと移ります。
分からないことがあれば、些細なことでも構いませんのでお気軽にご質問ください。

契約時には各種保険証やご印鑑のご用意をお願いいたします。

初回訪問日程の調整
初回訪問日程の調整
訪問診療することが決まりましたら、在宅医療チームの編成(訪問看護ステーションやケアマネジャー等)を検討し、初診の訪問日程調整を行います。
入院中の場合は退院調整会議などの場を設けて、主治医らと退院後の方針や介護サービス等について皆で話し合って決定していきます。
初診〜定期訪問まで
初診〜定期訪問まで
訪問診療が開始されます。患者さんやご家族のご希望を伺いながら訪問するタイミングを検討後、ご自宅へ訪問いたします。
なお、原則月2回の定期訪問ですが、訪問診療を開始した後も、患者さんの容態などに応じて、診察日や診察内容を柔軟に変更いたします。困ったことがあれば、どんなことでも構いませんので相談してください。
treatment cost

訪問診療の費用

訪問診療は病院への通院と同じですので、医療保険が使えます。医療費の自己負担上限額は、年齢や収入によって変わります。介護保険負担分を除き、上限額を越えることはありません。

以下に、訪問診療を受診していただく際の費用の目安をご案内いたします。
詳しい費用のご相談やご不明点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

case 1

医療保険の概算例

70歳以上の方で個人宅に月2回定期訪問で伺う場合

スクロールでご覧いただけます。

負担割合 訪問診療の
月額負担
診療費の目安
負担上限額
(高額療養費
制度適用)
1割負担 7,000~
10,000円
18,000円
2割負担
(年収156万円以上~
370万円未満)
14,000~
18,000円
18,000円
3割負担
(年収370万円以上〜
770万円未満)
21,000~
30,000円
80,100円+α
3割負担
(年収770万円以上〜
1,160万円未満)
21,000~
30,000円
167,400円+α
3割負担
(年収1,160万円以上)
21,000~
30,000円
252,600円+α
  • 1割・2割負担の方の負担上限額は定額18,000円となります。
  • 3割負担の方は所得に応じて上限額が高くなります。
  • 採血検査など検査や処置の費用が別途生じることがあります。
  • お薬代は薬局でのお支払いとなります。
  • 診療の際にご自宅等へお伺いいたしますが、交通費やガソリン代などは頂きません。
  • 生活保護を受けていらっしゃる方は公費負担で受診できます。
case 2

介護保険申請をしている方の計算例

ケアマネジャーへの月2回健康管理等を指示する指導書を交付いたします。指導書の費用は介護保険扱いとなります。
負担目安は以下の通りです。

1ヶ月の負担額

1割負担 約600円
2割負担 約1,200円
3割負担 約1,800円
q&a

訪問診療におけるよくあるご質問

患者さんやケアマネジャーからよくいただくお問い合わせ・質問内容をまとめております。
下記以外のご質問に関しては、お電話もしくはお問い合わせフォームよりご連絡いただきますよう、お願い申し上げます。

訪問診療を受けるための条件はありますか?
原則的に 「通院が困難な方」が対象です。但し、総合病院に通院している方でも必要に応じて併診という形で訪問診療を行うこともあります。一度ご相談下さい。
訪問診療で受けられる処置や治療はどのようなものがありますか?
一般的なかかりつけ医が行う診療内容に加えて、麻薬等を含めた緩和ケアや人工呼吸器の管理等、様々です。
在宅での看取りは可能でしょうか?
可能です。
基本的に緩和ケア病棟で行われる処置のほとんどは在宅でも可能です。一人暮らしの方でも在宅で最期まで過ごされる方もいらっしゃいます。
介護施設に入所中ですが、訪問診療を受けられますか?
老人保健施設や特別養護老人ホームのように配置医がいる施設は対象外ですが、有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅にお住まいの方は可能です。ご相談下さい。
どの地域まで訪問してもらえますか?
医療機関から直線距離で16km以内が訪問可能なエリアです。但し、いざという時に迅速に対応できることが重要ですので、16km以内でもお断りすることはございます。ご相談下さい。
お薬の処方をしてもらえますか?
もちろん可能です。外来同様、診察時に処方箋を発行します。薬局に取りに行くことが困難な方は、ご自宅に薬剤師が届けてくれるサービスもあります。
自宅での介護に不安があるのですが大丈夫ですか?
自宅での療養は医療だけでは困難なことも多いです。ケアマネジャーと連携し、介護保険サービスをうまく利用することが重要です。お困りのことやご希望を伝えて下さい。和光会グループは様々な介護サービスをワンストップで提供することが可能です。アセスメントとご希望に応じて適切なサービスを提供します。
一人暮らしなのですが、入院しなくても訪問診療で大丈夫ですか?
一人暮らしであることと入院の必要性は余り関連はありません。入院するかどうかはその時の状態と、ご本人の希望によります。事前にご本人のご希望を伺い、またその都度状況をご説明の上、自己決定していただきます。
今まで診察を受けていた病院にも引き続き診察を受けることは可能ですか?
同じ診療を2か所の医療機関で行うことはできませんが、役割が異なる場合は可能です。例えば病院で抗がん剤治療を受けつつ、訪問診療や訪問看護を利用するケースは多いです。この場合、訪問診療では、副作用に対する迅速な対応や、訪問看護への指示等を行います。
訪問診療を受けていても入院を希望することは可能ですか?
もちろん可能です。末期がん等で最期は緩和ケア病棟を希望される方、レスパイトで入院を希望される方、入院治療が望ましいケースなど様々なケースがあります。
連携先の急性期病院だけでなく、グループ内の山田病院もありますので、様々なケースに対応が可能です。
訪問診療に立ち会う家族がいないのですが、診療は可能ですか?
可能です。必要に応じてご家族に情報共有はさせていただきます。
訪問診療で自宅に来てもらう際の交通費はかかりますか?
お伺いする際の交通費はいただいておりませんのでご安心ください。